忍者ブログ
ニコニコ動画(真・三國無双/戦国無双)うpリスト<現在病気療養中のためupが不定期です>
[308]  [306]  [305]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [293
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

続・猛将伝感想(やっぱり長い)です↓

一通りストーリーモードはクリアしたので、傭兵演武を始めました。
これは三国の修羅モードを優しくした感じ(いつでもセーブ出来る、死んでもやり直せる、戦闘終われば体力回復、と言う超親切設計)で、難易度も選べるのでまずは難易度易しい・小次郎で始めました。序盤は本当にサクサクっと出来て久しぶりに俺TUEEEEE!!出来ました。
まずは文字通り傭兵として色々な大名の手伝いをし、玉を得たり消費したりで特殊任務を果たし、その報酬で仲間を得…と言う流れで、最初に出会ったのがどんな因果か孫市だったんですが、次に拾ったのが長宗我部元親だったものだから小次郎・孫市・元親と並んでいるとどうみてもイロモノバンドに迷い込んだプレスリー好きと言う感じで居た堪れなかったです。

この仲間と言うのはそれぞれに能力があって、メンバーによって敵の計略を看破出来たり玉がちょっと多めにもらえたりします。で、孫市の最初のスキルは『鍵開け』でした。何かしらの門扉に近付く度に「鍵と女性の心はうんぬん」と呟いてるのがとてもシュールストレミングで…と言うかあんたが使うと犯罪の匂いがするんだよ!!
結局最後は元親まで鍵開けを覚えてしまって、後半は扉争奪戦でした。
他にも兵科によってプレイヤーキャラに特殊攻撃が加わるんですが、孫市の鉄砲兵のお蔭で『特殊構え時に援護射撃を受けられる』と言う凄く美味しい効果が付いてですね、これが左近の特殊技のアレと比べると隙が本当に無くて、出会い頭に援護射撃で敵武将のガードを崩せるので本当に便利でした。騎馬隊も屁でもねぇぜ!

特殊任務には護衛や救出、蹴鞠探し等いろいろありましたが、その中の一つの『姫シリーズ』はですね…数をこなしていくと姫の様子がちょっとおかしくなるんですよ。



「心ばかりですが、お納めを
 あなたに助けられて嬉しかった…」






姫この人の顔よく見て!!
この人ちょっとおかしいから!!キテるから!!


でも、これで姫ミッションは終わりらしい…
行けるところまで行きたかった気もするんだぜ…

後半は贔屓しまくっていた上杉家のお眼鏡に適ったらしく、仕官出来ました。



この頃になると小次郎の足が何故か物凄く早くなってしまって、しかも騎馬兵科の効果で少し走っていると敵を跳ね返すオーラが付くので、まったくもって松風要らずでした。もう人間じゃねぇ…そして更に人間じゃねぇ小太郎まで仲間入りし、孫市は更に肩身が狭くなりました。もう扉相手に現実逃避するしかないよね…



そんな感じで修羅モードよりうんと優しい感じなので、やっててストレスを感じることはあまりありませんでした。ただ、2無印の無限城でも思ったことなんですが、新しい台詞に音声がついてないんですよ。恥ずかしい台詞から何まで、きっちり声をつけていた三國無双は凄かったんだと逆に思いました。

この傭兵演武を始めるにあたって小次郎の第5武器を手に入れたんですが、戦パで難易度難しいに慣れているせいかすごく楽でした。最強難易度じゃなくて良いって…何処まで親切なんだよ(;∀;)でもやっぱりちょっと寂しいよ…。ついでに三成の第5武器もGETしました。

この猛将伝ではすべての武将に新チャージ攻撃が用意されていて、チャージタイプにはC5、通常タイプにはC9があります。ずっとガラシャきっついなあ…と思っていたんですがC5!そう、これ!これが欲しかったんだよ!!
ここまで育ってからがガラシャなんですね。全方位衝撃波で、これで雑魚に囲まれても大丈夫です。特殊技も慣れてくるとタイミングが分かって来て、今はどうにかこうにかやれるようになりました。孫市フルヌッコしました。

で、今度は無印猛将伝の話。
2をやってからだとまずこのシックな色合いとカメラの距離感にちょっと寂しさを感じるんですが、やっぱりこの雰囲気もいいですよね。しかし、よく見るとカメラがぶれてるんですよ…最初に稲姫で地上攻撃を繰り返していたらほんの10分で酔いました\(^o^)/でも二日目には目が慣れたのか大丈夫でした。人間の身体って不思議です。
そんな訳で稲姫伝は馬上に頼りきりだったんですが、松風の体当たりが強いのなんの…もう斬ることを忘れて突っ込みまくってました。
そしたら第三話『神君伊賀越え』 穴山梅雪を護衛するミッションがまずあり、一揆兵に襲われている梅雪のところに松風で突っ込んで慶次よろしく爽やかに救援していたんですが、この梅雪がやたら柔で少し目を離すとすぐに死んじゃうんですよ。もう何度もダメになってしまって、『もう、のぶくんったらぁ><』って感じで…必死にクリアを目指してリトライしていたら、今度は忠勝や半蔵まで討ち死にし始めてしまって…。これが無印の洗礼か……
と思っていたら、よく見ると自分の助けに行った武将ばかり死んでいるんですよ。で、更によく見てみると松風に蹴られた敵兵士に当たって体力が半分近く削られていたんですよ。


…もう、アボガド…バナナかと…




僕は松風に別れを告げた。

それでどうにかこうにか下ルートに行きながらも二回目でやっと
綺麗エンディングキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!


!!!!!


稲姫伝ではいい感じにヒールなくのいちが度々登場していたんですが、エンディングはもうね…おいさん悔いはないよ…
初めて戦国無双をプレイした時、明らかに三国とは違う雰囲気があって、ちょっと不気味な毒のある感じに驚いた記憶があります。でも、そこがまた良いんですよ。2は大分優しく明るく、綺麗に格好良くなった感じで、それがまたたくさんの人の心を掴んだんだと思いますが、やっぱり、自分の中ではこの無印のじめーっとした感じも好きなんです。
その感じをよく表現してくれていたのがくのいちと言うキャラで、一見するとうざったい程に能天気で、この戦国の雰囲気を壊してしまっている感じもしますが、この毒っぽさはやっぱり他のキャラじゃ表現しきれないです。くのいちになるためにはまず心を殺されなければいけない訳で、そこから彼女の不安定な……あれ、これがヤンデレ…? でも色気担当は濃姫様に任せとけ!
とにかく、この稲姫伝ではくのいちが最高に輝いてました。このエンディングはもしかしたら、無双シリーズの中で一番好きかもしれない。エンディングムービーだけは以前見た事があったんですが、ストーリーの中のやり取りを見た上でこれを見るとたまったもんじゃないです。

他は…秀吉、義元、忠勝、どれも面白かったです。忠勝の最終ステージ、ここぞと言うところで自分のテーマ曲が流れると言う演出に激しく燃えました。燃えすぎて偶然レアアイテムをGET出来たほど燃えました。いつも敵武将として登場すると~ってところだったので、不覚でした。
呂布伝でも『宿敵曹操との対峙。背後には劉備軍もいる…でも、貂蝉のために負けられないお!( `・ω・´)』ってところで突然呂布のテーマが流れ始めたら自分は卒倒する自信がある。

そんなわけで、二本とも良い買い物でした。



蘭丸のふとももにちょっとドキッとした

拍手[3回]

PR
ニコニコ証券取引所

ヽ(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)ノ
oden blog
生存確認用日常ブログ
Twitter(oden_daikon)
も~っと生存確認用Twitter
ついったー川柳
ついったー川柳ログ
おでん動画 @ wiki
ありがたいことに作って頂きました 
動画や用語のまとめwikiです

JASPER
テラクオリティ無双スキンを頂きました 
( ゚∀゚)o彡°ジョカ!ジョカ!

みみしむ
モブ将スキンを頂きました 
他にも便利なオブジェクト・Tips有り

(^p^)
飛龍甲神かっこいい山田の人のブログ
真・三國無双3Empまとめ
詰む前にこちらへ!
真・三國無双4Empまとめ
処断する前にこちらへ!
戦国無双2Emp攻略まとめ
ボラれる前にこちらへ!
愚民兵士の日記
閣下と三國志の魅力を教えてくださった
呂凱Pさんのブログ
etc.
Copyright © おでんリスト All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]